New York Selmer C-melody (Conn Stencil)

Click images to view larger images.

またまたNew York Selmerを買ってしまいました。今度はシルバープレートでキーがゴールドプレートのC-melodyです。外観はとてもきれいです。ほとんど傷が有りません。購入時playable conditionとのことでしてたが、パッドが使い物にならなかった、オクターブキーが曲がっていた、など結構悲惨な状況でした。幸い隣町の飯塚市に江頭さんというリペアマンが在住されており、彼の手によりしっかりとした音色を取り戻して帰って参りました。Play every note perfectly!!という表現がぴったりの出来栄えで驚いております。

ケース ケースのロゴ
G#トリルキー
in case
正面彫刻1 正面彫刻2 左側面
Low Keys High Keys
右下面 ローラー付近 左下面
Connの型のNew York Selmer C-melodyです。音はテナーに比べてかなり小振りなのですが、それがそれなりに可愛いらしくて良いですね。とても上品な感じとでも言うのでしょうか。マウスピースはC-melo用のものが付いておりました。alto用のマウスピースでも吹けます(こちらのほうがむしろピッチは安定します)が、C-meloの特徴を消してしまう感じで、やはり、専用のマウスピースを使ったほうがよいですね。

シリアルからすると1920年代のもののようです。ケースはそれなりにガタが来てますが、楽器自身は外観に問題がないこともあり80年前に作られたものとは到底思えません。

キーがCなので、ピアノの譜面を転調せずにそのまま吹けます。最近は子供のピアノ練習のお付き合いでこの楽器を良く使っています。ま、そのためにこれを購入しリペアをしたという説も有ります。初心者ゆえ転調しながら吹くということが出来ないんです(涙)。

VINTAGE SAX ADDICTIONのindexへ