York C-soprano

Click images to view larger images

YorkのC-sopranoです。特徴的な大口径のストラップ・フック・リングがついています。Ebソプラノの85%くらいの大きさです。

要リパッドの状態ですが、とりあえずなんとか音が出ます。マウスピースと持ち主の力量の問題はありましょうが、高音部分はとても出しにくいです。c-soprano用のマウスピースがまれにe-BAYなどでオークションに出ていることもありますので、購入するチャンスを窺っています。c-melodyのマウスピースは新品があるような話しをきいた記憶がありますが、c-sopranoのマウスピースはないです。

管が細い分、左手のサイドキーがとても低く演奏しづらいです。パッドをやり返る時にサイドキーをかさ上げしてもらおうと考えています。

Cで吹ける、軽いので持ち運びが簡単、ということで是非オーバーホールに出したいと思うのですが、なかなか、その資金をねん出できずにいます。

VINTAGE SAX ADDICTIONのindexへ